フロアのコーティングをする際のお勧めの方法

フローリングの美しさをアップし、汚れ、傷などから床を守り、長持ちさせることができるフロアのコーティング。大抵は業者に施工を依頼しますが、自分で行うこともできます。フロアコーティングに関する用品は、ホームセンターなどでも販売されており、買い揃えればフロアコーティングを自分ですることも可能です。フロアのコーティングに必要な材料は、まず床に残っているホコリや髪の毛を取り除くための掃除機。フローリングの油汚れを落とす中性洗剤、中性洗剤を落とすために使用する要らなくなったタオルを多めに用意し、それを使用して拭き取りましょう。そして次に、コーティングに必要な材料を揃えましょう。最初に必要なのは、フラットモップと呼ばれる、フロアコーティング専用の道具を用意します。これは床掃除に使用するモップとは別物なので、購入する際にきちんと確認してください。

フロアをコーティングするメリット

自分でフロアをコーティングする最大のメリットは、費用が安く済むということです。業者には頼むことなく自分で作業をしたいと思っている人の一番の目的は、費用を抑えるということです。コーティング剤や道具を買う費用は、8畳程度ならば5万円程度で済みます。家具の組み立てが好き、日曜大工が趣味というような人は、楽しみながらできることでしょう。8畳にコーティングする場合は、その前の掃除から始まりすべて完了するまでに数時間は必要でしょう。休日にのんびりと趣味を兼ねてDIYを、と考えるならばちょうどいい広さです。ただ、フロアコーティングをする前には何度か拭き掃除をする必要もあり、なかなか大変な作業です。ホコリが入り込むことや家具の移動などを考えると、複数日に分けて作業することも難しいです。リビングやキッチンなどの広い範囲のDIYを予定するなら、時間的なことや作業人数も考えることです。

フロアのコーティングがもたらす効果

畳に比べると手入れが簡単で、耐久性にも優れているのがフローリングです。近年の日本人のライフスタイルにもマッチするので、フローリングを取り入れる住宅が増えてきました。ところが、フローリングの耐久性が高いといっても、時間がたてば劣化していくのは仕方のない事です。フローリングの痛みなどで見栄えが悪いので、対処したいと考えた場合、少しの範囲なら自分でコーティングすることをおすすめします。コーティングから得られる効果としては、美観をとり戻すことができます。フローリングを保護することもでき、メンテナンスがしやすくなります。自分で行う為、あまり広い範囲のフロアをコーティングすることはできませんが、少しの範囲であれば業者を呼ぶことなく自分で行うことができます。材料はホームセンターに売っているので、わからない場合は店員さんに聞いて揃えることをおすすめします。