コーティングは1フロアにつきどれくらいの費用が必要なのか

家のフロアをコーティングするといろいろなメリットがあります。例えば、見栄えが大変良くなっておしゃれになったり、床の掃除がしやすくとても簡単になったり、断熱性やクールな効果などの、温度面での効果が感じられたりといったこともありますので、コーティングを実際に住まいに取り入れようと考えていらっしゃる方も多いはずです。また堅い施行によって、床に傷がつきにくいメリットもありますので、綺麗なままの状態を長く保つことができると人気もあるのです。コーティングを考えた場合には、請け負う業者によっても違いはあるのでしょうが、一般的には1フロアにつきどれくらいの費用が必要かも事前に知っておきましょう。また業者によっては宣伝通りの耐久性を保てないような施行を行う所もありますので、できれば証明書等で確認しながら、信頼できる良い業者に依頼しましょう。

フロアのコーティングは使う素材で大別されます

フロアのコーティングには使う素材によって、有機系での場合と無機系の場合の二種類に分かれています。それぞれの関しては、費用面や耐久性なども違ってきますので、ご自宅に合った形での施工をすることが大切でしょう。一般的には有機系の施行をする場合は、ウレタンなどの素材を塗布する施行をされていて、この場合は長期間の利用になるほど劣化をして色味もだんだんと黄色へとなってしまいます。もう一つの無機系の場合には、ガラス素材を使って塗布することが一般的で、長期間経っても劣化することや変色などが起こらないという特徴があります。またフローリングをされたご家庭では、元々施されているコーティングをさらに強固にするという意味で、上からコーティングを施す形が多く取られて、これによってフローリングの耐久性が増すメリットがあります。

フローリングのフロアでは同時にコーティングもお勧めです

せっかくフローリングをされていても、さらに上からのコーティングをしないでいると、しばらくするとフロアには汚れ、傷などが時間とともについてしまい、劣化が早まってしまいます。これは施行後のフローリングはいくら綺麗でも、最低限のコーティングだけしかされていないためです。しかし上から有機系か無機系でのコーティングをさらに施すことで、フロアの現状や綺麗さを長く維持させることができるメリットがありますので、フローリングと同時にコーティングの方も積極的に検討をされることをお勧めします。使用する素材としては、ウレタン、シリコン、UV、ガラスなどがあり、この順で費用も高くなっているようです。フロアの広さでの費用計算ができる業者サイトも多いですので、それらを活用しながら費用面でも比較検討をしていきましょう。