家のフロアはどのようにしてコーティングすれば良いのか

新築のピカピカのフロアをそのまま維持したいという方や、傷がついたフロアをよみがえらせたいという方に、フロアのコーティングは人気です。最近では新築で家を建てる際やリフォームを行う際に、工務店などからおすすめされる場合も増えています。手入れが簡単できれいな状態を長持ちさせられるのが魅力のフロアのコーティングですが、良さそうだからと言ってすぐさま飛びつくのはあまり賢いとは言えません。フロアのコーティングを行う業者によって、使うコーティング剤の種類や、技術力が異なります。また、使う素材によって耐用年数や費用も変わってきますので、業者に頼んだ後に後悔しないためにも、フロアのコーティングについての様々な知識や業者を選ぶ時に重視したいポイントなどの基礎知識を身に付けておくと安心です。

フロアのコーティングを行うことのメリット

フロアをコーティングすることによって、数か月に1度行わなければならないワックスがけの手間をなくすことができます。フロアをコーティングすると、耐用年数の長いものだと20年以上はきれいな状態を維持することができます。ワックスは塗りなおしを頻繁に行わなければなりませんが、そのわずらわしさもありません。ワックスは準備をするだけでも大変な手間がかかりますが、フロアをコーティングしてしまえば何もする必要がありません。小さいお子さんがいる家庭やペットを飼っている家庭では床の傷が気になりますが、フロアをコーティングすればそれらとも無縁になります。また、滑りにくくなりますので、転倒して怪我をする懸念も少なくなります。美しい光沢が長く続き、掃除も楽になるなど、さまざまなメリットがあります。

さまざまな魅力があるフロアのコーティング

ワックスとは違い、耐久性の高いコーティング剤を用いてフロアをコーティングするため、フロアに傷がつきにくくなります。フロアに水などをこぼした時でもさっと拭けばきれいな状態を維持できます。通常のフローリングは水拭きができないため、お手入れが大変ですが、フロアをコーティングしておけば、汚れを蓄積せずにすぐにきれいにすることができます。フロアをコーティングしておけば、光が当たって反射して光りますので、部屋の印象も明るくなります。日々のお手入れが便利になるなど、さまざまなメリットがありますが、ワックスと比較して費用が高いのが気になるという方も多いです。しかし、最低でもその効果は10年継続しますし、業者と施工方法を選ぶことで30年その状態を維持できる場合もあることを考慮すれば、決して高くはありません。